やらなきゃ焦る。やっとけば無敵

 昨日の台風の目の話もだけど

 今回の話も「これ人生におけるトラップだろ…」ってやつです

 勉強とかやらなければならない仕事とか、ギリギリまで引き延ばすと焦るよな。しかもそこから逃げ続けてる期間、ずっとそれらが頭にこびりついて離れない。なのに取り組めない

 取り組み始めてみたら何なくこなせるはずなのに、なぜか一歩が出ずにズルズルと引き伸ばしてしまう

 なんでそんな事が起こるか考えてみたんだよ。頭ではさっさとやったら楽って考えてるはずなのに先延ばしにしてしまう理由

 …よくよく考えたら不安な事、辛い事、怖い事とかから逃げたいのって当たり前じゃね?

 触れたらあの世に連れて行かれるような怖い死神がゆったり迫ってきたらそりゃ逃げるでしょ

 このように「やるべき事」自体が恐怖の対象になっている。やるべき事にさっさと着手する事自体が「恐怖している対象に対し敢えて自分からダッシュで突っ込んでいく」みたいな事になっていて、おそらく本能的な摂理の部分に対して逆らう形になる

 これ本当に厄介なトラップですよね。一歩を踏み出さなければ始まらないし終わらないのに、その一歩を踏み出す行為自体が摂理に反してるのエグい

 対処法として考えられるのは「やるべき事」の解釈を自分の中で変えるとか、恐怖に屈しないヤバいやつになるとか色々ありそうだけど、一番効果的な方法ってなんだろう

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です